Previous works

客車男 (北斗星)

オロハネ25 553

登場時から活躍してきたオロハネ25 550でしたが、オロハネ25 554やオハ25 551のような「ニュー北斗星」の登場により
少しずつその雰囲気が編成中で浮くようになってきました。
そこで、モケットやカーテンを新たな色調にし、キーの変更なども行うようになったといいます。
外観もニュー北斗星に合わせ、「アルファンコンチネンタルEXP=アルコン」帯に取り換えられる車両が登場しました。
それがこのオロハネ25 553とスハネ25 501(ソロ・ロビー)でした。

寝台側だけの中型角手すりへの交換はもちろん、洗面所窓や点検蓋など基本仕様を抑えています。
特徴的なのはやはりアルコン帯なのと、通路側の扉周りのアルコン帯のまわり方の不自然さです。
なぜ直角に配置したのか、謎が深まります。

DSCF4743.jpg

Today's Schedule